インストラクターを目指すヨガ愛好者から、ヨガインストラクター又は将来的独立起業を考えている「一歩前を行くヨガインストラクター」の方々に向けて互いに協力し合い、安心して学び、育つ環境を提供していきたいと言う考えのもとにヨガ講師育成協会はあります。  

ヨガ指導者保険加入案内

  • HOME »
  • ヨガ指導者保険加入案内

東京海上日動火災保険とYOGAIKU協会が
ヨガ講師の為の保険を考えました。

自分自身を守るため!ヨガ指導者保険

ヨガ指導にあたっての保険の重要性  
事故にそなえるヨガインストラクター向責任保険

ヨガクラス指導中の「万が一」に対応できる自信はありますか?
ヨガインストラクターとしてクラスを開催している方なら、誰しも一度は「危ないっ!」といった場面に遭遇したことがあるのではないでしょうか?
どれだけ勉強を重ねても、身体を扱う職業である限りケガは付きものです。
初心者ヨガインストラクターだと「怖くてアジャストができない」「シニアや妊婦への指導は怖い」という不安な声を多々聞きますが、ベテランヨガインストラクターでもケガの危険はあります。
むしろ、上級クラスを指導するようになると、難易度の高いポーズに挑戦することが増え、ケガの危険性が増すのではないでしょうか?
また、ケガだけでなく、ヨガインストラクターは不調を相談されることも多いかと思いますが、知らない間に医療行為をおこなっている可能性も問題となっています。どこまで大丈夫でどこからが医療行為か、理解していますか?

ヨガ中にケガをした経験者は67.4%
ヨガ中にケガをした経験者は7割に及び、「ケガをしたことがある」と回答した方のうち、15%は「インストラクターの不適切な指導」と回答しており、ヨガ指導者としてケガと保証に対する意識が問われています。
事実、ヨガクラス中の事故に対応した賠償責任保険に加入していると答えたヨガインストラクターは10.4%しかいませんでした。
ケガが起きた時、自分の言動が医療行為になっていた時、万が一、何か起きた時に責任がとれますか?
ヨガを伝える仕事は、世の中に笑顔を増やす大切な仕事です。その仕事を長く続けていっていただくために、「万が一何か起きてしまった時の補償」を備えていただくのが「ヨガインストラクター向け保険」です。

 

ヨガインストラクター向け保険の内容を知ろう!

・対人賠償保険
他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、損害賠償額に対して保険金が支払われる保険です。

・対物賠償保険
他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
保険金額(契約時に設定した金額)が上限です。

・被害者治療費用補償
対人事故が日本国内で発生した場合に、その被害者に被保険者が治療費用を支出する事によって被る損害に対して保険金が支払われます。

・人格権・宣伝侵害事故補償
人格侵害または宣伝侵害について、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して保険金が支払われます。

 

 

YOGAIKU協会では、ヨガインストラクターの生活を守る為の保険を掛ける応援しています。
御気軽にご相談ください。

*お問い合わせはこちらです。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.